kumo私のひとこと

 星赤 HIRO (2018年4月5日投稿) ラインカート
未来くん!
昭和の終わり、1988年に開催された京都国体のキャラクターが未来くんです。
その後、府民運動のマスコットキャラクターとして活躍してきて30年。
30年経ってもまだきれいな未来くんに遭遇すると思わず写真を撮ってしまいます。
わたしが消費生活アドバイザー試験を受験したのが2006年のじきく兵庫国体の年でした。
9月末に試験を終え、疲れきったなかいくつかの競技の観戦に行きました。
のじぎく国体のキャラクターは、はばタンで今は兵庫県キャラクターとして活躍しています。
はばタンを見るたびにわたしは、受験のときの苦しかったことが思い出され、涙目になってしまいます。

 星赤 サワディー (2018年3月19日投稿) ラインカート
3月に家族旅行で京都に行きました。向かったのは北野天満宮です。丁度、梅が満開で香りも良く癒されました。良い御礼参りができました。


参拝後、毎回楽しみに行く店が、天満宮の東隣にある「櫻井屋」という湯豆腐、湯葉のお店です。湯豆腐と言えば南禅寺界隈が有名ですが、こちらも創業二百年の老舗です。建物も京都市の景観建築物に指定されているように趣があります。さらに写真の湯豆腐コースが1600円からとお手頃なお値段で味わえます。その一方、観光ガイドには載っていないので、団体観光客、外国人が少ない穴場のお店です。着いたのは12時頃だったのですが待たずに入れました。味も満足できるもので、仲居さんの「おおきにー」などの京ことばが聞こえる中、まったりとしたひとときを過ごせました。京都に行かれたら、是非ご利用してはいかがでしょうか。

 星赤 トネリコ (2018年2月10日投稿) ラインカート
昨年5月、我が家の玄関先の庭木の枝に、スズメバチが巣を作りました。
お椀を逆さにしたような形のその物体が何かわからず間近で見つめていたら、耳元をブーンと一匹の蜂が飛んでくるではありませんか。蜂の巣だということは分かりましたが、蜂の種類や対処の仕方をあれこれ調べているうちに、その巣はみるみるうちに大きくなり、徳利を逆さにしたような形に出来上がっていました。結局、専門業者に駆除に来てもらったのですが、スズメバチは無料とのこと。自力で駆除しない方が安全なのですね。暖かくなると冬眠していた虫もそろそろ活動し始めるので、今年は庭木をこまめに剪定して定期的に確認しなければと思っています。
 星赤 G (2018年2月8日投稿) ラインカート
久しぶりに平日の昼間に美術館に行きました。
何年か前までは、平日は女性と学生がほとんどだったのに、年配の男性率が高い。さすが、超高齢社会です。芸術に興味をもつのはすばらしいこと。ただ大きなリュックで来られている方が多くって!これ愚痴です。ロッカーが少ないのも一因だとは思いますが。
ところで、美術展は素敵でした。いままでほとんど展示さえされていなかったけれど、日本に貸し出すにあたって修復された涅槃図やドガの未完成の作品、ゴッホの作品、そして貴重な日本の美術品。その収集に岡倉天心がかかわっていたなど知らなかったこともいろいろあり、興味深い美術展でした。そして鑑賞したボストン美術館展の作品のほとんどが、たくさんのコレクターからの寄付とは凄いと思いました。
 星赤 emi (2018年2月7日投稿) ラインカート
1月の大雪にNZにいきました。今回は南島のみですがあちらは夏。
何だか変な感じですが好物のスイカなど食べられてご機嫌でした。

私は外国の旅に出るとキッチン付きの宿泊施設に泊まることにしています。
結構、調理器具も充実していて楽しいですよ。

また、スーパーを見るのもの面白くて日本の違いを感じますね。
卵は大小不ぞろいのパッキング、野菜ははかり売りが多くて助かります。
大きなスーパーではビーガンコーナーがかなり大きくとられていて、パンなども美味しいのです。
日本はスーパーに関しても自然から離れているような感じがしますね。
nza

マウントクックやテカポ湖(星空が世界遺産?)どこに行っても美しい国です。
nzb nzc

公共のトイレは最新式で美しい。
トイレットペーパーはボタンを押すと20センチぐらいが自動で出てきます。


興味のある方はハニーマザーのブログemiの旅行記をご覧ください。

 星赤 ヨコ (2018年1月16日投稿) ラインカート
 「昔の給食はどんな食べ物が出ましたか。牛乳はびんですか」「昔はひとクラスに何人くらいでしたか」「昔のゲームはどんなものでしたか」矢継ぎ早な質問攻めに面喰いながら答える。小学校3年生の生活科と社会科を併せた[昔のくらし]の授業にボランティアとして参加した。子供たちが真剣な顔をして質問をし、メモを取る。30数名の子供が目を輝かせて迫ってくる。来週は[昔の仕事]で洗濯板を使っての洗濯や一升瓶での米搗き、再来週は七輪で火を熾して餅焼きをする。
  昨年の暮れには「昔の遊び」の授業で、羽根つき、独楽回し、紙飛行機、お手玉、折り紙、おはじき等を子供達とした。70〜80代の昔の少年、少女が頬を赤くし、汗して取り組む。高齢者捨てたものではない。まだまだ社会に役立つことはたくさんある。
  健康寿命を延ばすためには、認知症にならないためには、運動・食事・社会参加だと、どの講演会でも講師が話す。それを信じて月のうち半数近く、高齢者向け体操会、認知症カフェ、食事会、書道、折り紙などのボランティア活動に明け暮れている。
 さて、10年先どうなっていることやら・・・・・。
 星赤 MINMI (2017年12月3日投稿) ラインカート
  映画「日本と再生」を見終わってショックを受けました。――日本のエネルギー政策は大手ガス、電力会社とそれに関連している企業の既得権益を守るため、世界から遅れてしまっている――
 ドイツ、デンマーク、アイスランドなどのヨーロッパ各国、米国、そして中国でさえもクリーンで安価な自然エネルギー政策を推進しているのです。
 火山国である日本は、風力や太陽光発電よりも地熱発電を生かすのがよいのでは・・・と感じました。
  そして地域に密着した小規模な発電所どうしが細やかなネットワークで繋がり、災害時にも安定して周辺地域に「電気が供給されるシステム」が必要な時代になってきていると思います。

 星赤 ポンコツどらいばー (2017年11月12日投稿) ラインカート
  この夏、日産のリーフを買いました。以前から電気自動車が欲しいと思いながらも、なかなか充電のスポットの普及の問題や一回の充電で走れる距離、車種が限定されるので荷物を運ぶなどの実用性を考えて残念しながら、年月を過ごしてきました。
 車の使い方には人それぞれに流儀があって、下取りの価格が通る3,4年で乗り換える浮気派、メーカー車種を決めて繰り返し購入する、思い込んだら一筋派など様々ですが、我が家はとことん乗りつぶす派です。結婚当初は主人が独身時代から使っていた白のスカイライン、いわゆるケンメリ(ケンとメリーのスカイラインですが、これをご存知の方は還暦以降の方か?)その次は赤いベンツ、黄色のランサー、ワインレッドのレガシーとメーカー・車種・色もとりどりに渡り歩いてきましたが、どれも20万kmは走っています。スカイラインはバンパーが錆びて落ちたり、穴の空いたラジエターに入れる錠剤と水を積んで走行し、最後は火を噴きバケツの水で消し止めた想い出もあります。ベンツを引き取りに来たときは子どもたちが「どこに行くの?」と兄弟を亡くすようでした。ランサーは高速で運転中にクラッチがすっぽ抜け、JAFを呼んで廃車し、電車で米原から宝塚の自宅まで帰ってきたことが思い出されます。
  リーフを尻目に色々な車と共に思い出を作ってきた我が家ですが、この夏レガシーが20万kmを走り車検を迎えるのを機に、念願のリーフに乗り換えることにしました。いまやリーフの実用性が高まり、しかも秋にさらに性能アップした新車が出ることで大幅値引きが期待できるので、長年の夢が実現したわけです。車の料金は少々高めですが、ガソリン代が不要となり、ガソリン代の重圧から逃れることが出来ました。レガシーの時代は東京へ車で主人と息子迎えに行ったり、主人の実家の富山へ行ったり、母の介護で私の実家の泉佐野を何往復もしたり、NPOの活動で和歌山や四国に行ったりで、6万円以上のガソリン代が必要な事も多かったです。リーフの場合は会員になるとカードが発行され、月額2千円で何回でも充電できます。しかも今年一年はサービスで無料です。主人は新聞を持って喜んで充電に行ってくれます。ディラーでコーヒーを飲みながらゴルフ雑誌などが読めるからです。お盆に富山までの長旅をしましたが、サービスエリアでは大混雑で駐車場を待つ車が高速道路まではみ出ていたのですが、充電するというとすぐに駐車スペースに案内されるというメリットもありました。音もなくスットーと発車するので、主人の運転する車にひかれそうになったこともあります。CO2を出さないのが何よりうれしいのですが、電源は選ぶことは出来ません。ソーラー発電の傍でエコ充電スポットが普及して欲しいなあと思います。これが我が家の終の車となるのでしょうか?

 星赤 事務局 (2017年9月24日投稿) ラインカート
先日、11月25日に予定していますドキュメント映画 「日本と再生 光と風のギガワット作戦」 の上映会場 「神戸アートビレッジセンター」を見学してきました。
とても貸会場と思えない立派なシアターでびっくり。 そのうえ、利用料金はリーゾナブルです。
あまりなじみのない新開地かもしれませんが、上方落語協会が演芸場を開設する地域です。
ぜひ、足をお運びください。
20170706-2 20170706-1

 星赤 J.K. (2017年9月15日投稿) ラインカート
「山の楽しみ」
 中高年の間では近年、登山がちょっとしたブームになっていますが、ご多分に漏れず、私も近頃は海よりも山に行く機会が増えました。8月末の天気の良い日曜に思い立って伊吹山に行ってきました。滋賀県と岐阜県にまたがる伊吹山は標高1,377mで、新・花の百 名山に選ばれるほどの野草の名所でもあります。山頂のお花畑のピークは7月末〜8月初ですが、時期をずらして10月中旬まではさまざまな花が楽しめます。写真のルリトラノオのほかにも、ハクサンフウロやイブキトリカブトが色鮮やかに咲いていました。山頂の気温は20℃ほどで半袖だと寒いくらいです。好天に恵まれたおかげで、眼下には琵琶湖と竹生 島、はるか北東方向には御嶽山や乗鞍岳まで見通すことができ、雄大な眺めに気分がリフレッシュする日帰り旅でした。これから紅葉シーズンに向かうので、近畿圏内の山旅がまた楽しみになりました。
ruritoranoo sancho

 星赤 emi (2017年8月投稿) ラインカート
 今年は神戸港開港150年、9万901トンのクインエリザベス号が神戸港から初めての出港となり3月に乗船しました。
 1日1万食の豪華な食事が提供されるレストラン、24時間営業のビュフェ、劇場、図書館等無料。思いの他リーズナブルです。私も毎夜生伴奏でダンス三昧で、高校の同級生と出会うハプニングもあり楽しい旅でした。

〜3階からメインロビーを撮影〜
qween1

〜ホーマル指定の晩餐〜
qween2

〜ダンス風景〜
qween3

 星赤 ミニィばあちゃん (2017年8月投稿) ラインカート
 消アドとは全然関係のない資格を二年前に取得しました。そして、その資格を活用できるチャンスが巡ってきました。研修に参加をし、自分なりの勉強・読書など地道に焦らず続けてきたおかげで基礎固めができたと思います。もちろん消費生活 アドバイザーの知識も役立っています。年齢なんて関係ないです。学ぶべきことは死ぬまでいくらでもあります。そしてこれからも脳力と体力が続く限り様々なことにチャレンジしていきたいです!

 星赤 K.G. (2017年8月投稿) ラインカート
 この春、久々に会社の所属部署を異動しました。環境やルールも多少変わり、新鮮な気持ちで仕事に取り組めています。 もちろんこれまでのキャリアがベースながら、新しい業務はゼロベースから学ぶべきことがいっぱいで、なかなか奥が深い・・・ ちょっとさび付きかけていた頭を毎日鍛えています!

 星赤 F.N (2017年8月投稿) ラインカート
 消アドネットワークの総会、懇親会に参加しました。消費生活アドバイザー関連の仕事をしていませんので、お話しが合うか少し心配でしたが、全く心配ありませんでした。びっくりする話、楽しい話で盛り上がり、また、皆様の元気にパワーをいただきました。 その時、クイーンエリザベス号の素敵な船旅のお話しを伺い、私も9月に船旅に行くことにしたんですよ (国内の短い船旅ですが・・・)  

20170610-3




flower3
消アドネット会員のより活発な交流のためにリレーエッセイからリニューアルしました。


Back